【書評】「読まれる・稼げるブログ術大全」はすべてのブロガーにおすすめ

書評ブログ術大全 書評

「読まれる・稼げるブログ術大全」は、ブログを10記事くらい書き、行き詰ったときに出会った本です。


  • ブログをはじめたけど続かない人
  • SEOって何?という初心者
  • ブログでもっと稼ぎたい人

このように感じている人におすすめの一冊です。

著者は、プロブロガーでヨッセンスを運営されている、ヨス(本名: 矢野 洋介)さん。

ブログ飯で有名な染谷昌利さんが監修されています。


ブログをはじめる人の9割が続かないといわれており、ブログを継続させ、成果につなげる10ポイントがまとめられています。

ヨスさんのイラストつきで解説されていて、初心者にもわかりやすくかかれています。

350ページのボリュームで、本に収まりきらなかった部分はPDFでダウンロードできます。

ヨスさんが本の目次を公開されているので、詳細が気になった方はチェックしてみてください!

書籍『読まれる・稼げる #ブログ術大全 』ってどんな内容なの? 目次の全貌を公開!!

「ブログ術大全」を読んで、ブログ運営で参考になったこと

「ブログ術大全」を読んで、ブログ運営で参考になるところはたくさんありました。

本を読んで、特に目からウロコだった3つをご紹介します。

ブログの特性を理解する

ブログを読んでくれる読者は情報を探すため、インターネットで検索をしています。

情報さえ手に入ればどのブログでもよかった

ブログを書く上で、読者はブログを書いている人には興味がない、知りたい情報が知れればよいということを頭にいれておかなければなりません。

ブログの目的は、

記事を読んだ人に満足してもらうこと

このことを忘れずにブログを書いていきたいと感じました。

1画面に見える文章は「少なく見せる」

「簡単に読めそう」と思わせる工夫が必要

文字の装飾や改行の仕方、見出しの入れ方、吹き出しの活用について参考にさせてもらいました。

読者はスマホで流し読みすることが前提

隅から隅まで読んでくれる読者はほとんどいないと考えて、スマホからも読みやすくなるように工夫しようと感じました。

「最強のSEO」とは?

SEOと聞くと難しそうですが、ブログで収益化を目指すには避けて通れません。

「読者の視点でいい記事を書き続けることが最強のSEO」

専門用語はできるだけ使わず、初心者にもわかりやすいように、SEOの対策を説明してくれています。

いい記事を書き続けることが自体が、最強のSEOということです。

キーワードの入れ方やリンクの貼り方、見出し作り方なども細かく説明してくれているので、ブログをリライトする際に参考にさせてもらっています。

まとめ

「ブログ術大全」を読んで、ブログ運営でこれから具体的に何をすればよいのかという課題をたくさん見つけることができました。

すべてが実践できているわけではありませんが、本を参考にしながら一つずつ課題をクリアしていきます!

記事を書いてすぐは検索結果の上部には来ず、結果が出るには時間がかかります

いつかはブログが収益化できると信じてコツコツ頑張ります!

すべてのブロガーにおすすめの本なので、ブログ運営で困っている方はぜひ読んでみてくださいね!


コメント

タイトルとURLをコピーしました