【洗濯物を室内干し】エアコン下の突っ張り棒のメリット・デメリット

【洗濯物を室内干し】エアコン下の突っ張り棒のメリット・デメリット 家事

雨の日が続くと、洗濯物が乾かない…

雨の日が続くと洗濯物が溜まってしまい、困る方も多いですよね。

よっしー<br>
よっしー

我が家には、浴室乾燥の機能がありません…

エアコンの下に突っ張り棒をつけて洗濯物を部屋干ししています。

このような感じでエアコンの真下に突っ張り棒を設置しています。

室内干し

洗濯物すべてをこれに干しているわけではありません。

早めに乾かしたいものを優先的にエアコンの近くに吊るして乾かしています。

エアコン下に突っ張り棒を付けるメリットとデメリットをご紹介します。

エアコン下の突っ張り棒のメリット

エアコン下に突っ張り棒を設置するメリットをご紹介します。

エアコンを使うと乾きやすい

エアコンを使う季節になるとエアコンの風があたるので、洗濯物が乾きやすくなります

早く乾かしたい場合、エアコンの除湿モードを利用することもできます。

湿度を保つことができる

洗濯物を部屋干しするおかげで、加湿器をつけなくても湿度を保つことができます

乾燥対策にもなるのでおすすめです。

汚れにくい

室内に洗濯物を干す場合、黄砂や花粉、排気ガスなどで汚れる心配がありません。

服が変色しにくい

直接日光にあてることがなくなるので、服が変色しにくくなります

手間を省ける

洗濯物を外に干す作業を省くことができます

暑い日や寒い日に外へ出て、洗濯物を干さなくてよくなります。

邪魔にならない

床におくタイプの部屋干しスタンドの場合、子どもが洗濯物にいたずらすることもあります。

突っ張り棒なら子どもの手が届かず、邪魔になりにくいです。

エアコン下の突っ張り棒のデメリット

エアコン下に突っ張り棒を設置するデメリットをご紹介します。

突っ張り棒が落ちる

 洗濯物を吊りすぎると、突っ張り棒が落ちてしまうことがあります。

突っ張り棒の強度を確認して、洗濯物は吊りすぎないようにしましょう

壁に傷がつく場合がある

突っ張り棒をつけると、壁に傷がつく場合があります

壁に傷をつけたくない場合は注意して突っ張り棒を設置してください。

湿度が上がりすぎる

部屋干しすることによって、乾燥から身を守ることはできます。

しかし、雨の日は湿度が上がりすぎる場合があります。

エアコンの除湿モードを利用したり、除湿機を設置するなど工夫が必要です。

まとめ

エアコン下に突っ張り棒を付けるメリットとデメリットをご紹介しました。

デメリットもありますが、天気の悪い日でも乾かしやすいのでおすすめです。

エアコンに直接つけるエアコンハンガーというものもあるので、突っ張り棒が設置できない場合はこちらも便利です。


天気が悪いと洗濯をするのが億劫になりますが、工夫して乗り切りましょう!

ぜひ参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました