SBI証券のS株(単元未満株)買付手数料が無料化!ネオモバとの違いは?

SBI証券のS株 買付手数料が無料化! ネオモバとの違いは? お金
初心者
初心者

SBI証券でもS株の買付手数料が無料になったけど、注意点はありますか?

ネオモバと何がちがうの?

SBI証券では、2021年11月1日からS株(単元未満株)の買付手数料が実質無料化となりました。

(当面の間は、後からキャッシュバックされ実質無料となります。)

よっしー
よっしー

SBI証券でS株を買う際の注意点ネオモバとの違いをご紹介します!

SBI証券でS株(単元未満株)を買う際の注意点

売却手数料はかかる

買付手数料は実質無料となりましたが、売却手数料0.55%かかります。

S株を少しずつ売却しようと思うと、手数料が割高です。

SBI証券の国内株式手数料をアクティブプランで利用している方は、1日の約定代金100万円まで無料です。

S株をコツコツ買って、単元株にして売却した場合は、売却手数料は無料になります。(1日100万円まで)

指値ができない

SBI証券のS株は「成行注文(なりゆきちゅうもん)」になります。

「指値注文(さしねちゅうもん)」はできないので、約定(やくじょう)のタイミングに気を付ける必要があります。

注文は24時間可能ですが、約定のタイミングは1日3回です。

注文時間約定のタイミング
0:00〜7:00 当日の前場始値
7:00〜10:30 当日の後場始値
10:30〜13:30 当日の後場終値
13:30〜24:00 翌営業日の前場始値
よっしー
よっしー

約定のタイミングはSBI証券もネオモバも一緒ですね!

成行注文…売買を行うときに、値段を指定せずに注文すること。
指値注文…売買を行うときに、値段を指定して注文すること。

議決権が得られない

S株にも株主権があり、配当がもらえます。

しかし、議決権はないので、株主総会に参加することはできません。

議決権がほしい場合は、コツコツ買って単元化を目指しましょう!

ネオモバとの違い

売買手数料

ネオモバのサービス利用料は、月額50万円までの取引は220円です。

毎月、固定Tポイントが、200ポイントもらえるので実質20円です!

毎月50万円までなら売却手数料も無料なので、S株も気軽に売却することができます。

TポイントでS株を購入できる

ネオモバではTポイントを利用して投資できます。

SBI証券では、投資信託を購入する際にTポイントを利用することができますが、S株では利用することができません。

ネオモバ(SBIネオモバイル証券)がおすすめの人

ネオモバは以下のような方におすすめです!

  • 毎月50万円までしか取引しない人
  • S株を頻繁に売却する人
  • TポイントでS株を購入したい人

ネオモバのメリットデメリットについては以下のブログをご覧ください↓

よっしー
よっしー

ネオモバは、NISAには対応していません

NISA枠でS株取引したい方はSBI証券を利用しましょう!

まとめ

SBI証券、S株(単元未満株)買付手数料無料化についてご紹介しました。

SBI証券のS株とネオモバを比較した結果、わたしの場合は毎月50万円以内の取引におさまるので、ネオモバを利用していく予定です。

今後「SBI証券のS株売却手数料無料のキャンペーン」などがあれば、SBI証券のS株を利用するかもしれません。

できるだけ手数料を少なく取引できるように、最新情報に注意していきたいです!

ネオモバでおすすめの銘柄についてのブログもぜひご覧ください↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました